ワイルドな人見知り「キジトラ」。ねこ柄コレクション#02

毛色や模様によって、ねこの性格の傾向がわかると言われています。今回は野生ねこの保護色であり、ねこ柄の元祖「キジトラ」についてご紹介します!

出典:『猫の毛色&模様 まるわかり100!』

キジトラってどんな柄?

キジトラは野生ねこの保護色であり、さまざまなねこ柄の元祖と言えます。茶色ベースに黒っぽいしま模様が全身に入った柄で、鳥のキジに色味が似ていることがその名の由来。茶色味が少しでもあればキジトラ、まったく茶色味がなくグレーっぽい場合はサバトラです。キジトラは正式には「ブラウン・マッカレルタビー」と呼ばれる毛柄。遺伝的に強いので、現在の日本でも多く見られるねこ柄です。


野生ではもっとも敵から見つかりにくい色だった!

ゴールド系の瞳が多い

しっぽの先は黒になる特徴が

 

肉球は黒や濃い茶色

しまが切れて斑点模様になった場合は「スポッテッドタビー」

 


白が入った「キジ白」も

キジトラの性格の傾向

キジトラはもっとも野生的なねこ柄。そのため、ねこ本来のワイルドさが残っており、運動神経抜群なねこが多いと言われています。興奮するとつい野生モードを発揮しすぎてしまうことも…! さらに、野生で生きていくために不可欠だった警戒心や慎重さを併せ持っているので、人と打ち解けるまで時間がかかるタイプでしょう。その一方で、一度打ち解けてしまえばとことん相手に気を許す傾向があり、とても甘えん坊になるとも言われています。


ワイルドだけど人見知りな憎めないやつ!

ねこらしいワイルドな身のこなし!

高いところもスイスイ登ります

 

びっくりするような場所でくつろいでみたり(モデル=すもも)

キャットタワーの上でドヤ顔

 


男の子の兄弟より前に出るたくましさも!(モデル=つくも、すもも)

 


人見知りだけど、一度心を許せばデレデレに

 

キジトラさんの性格、いかがでしたでしょうか?

当てはまるところがないか、あなたの周りのキジトラさんをよーく観察してみてくださいね!

 

こちらの記事は、弊社が以前運営していた「toletta mag.」に2019年4月23日に公開された記事を再編集したものです。

Toletta(本体無料)はこちら
logo_toletta