トイレには行くけどおしっこが出ていない…?放っておくと危険!ねこの尿道閉塞のサイン

獣医師監修(トレッタねこ病院)

ねこの命に関わる泌尿器の病気のひとつ「尿道閉塞(にょうどうへいそく)」。ねこのトイレのようすからわかる、病気のサインとは?トレッタの獣医師が解説します。

尿道閉塞記事メイン画像

尿道閉塞とは?

膀胱にたまっている尿を体の外に出すまでの通り道である「尿道」が、何らかの理由で詰まってしまった状態を「尿道閉塞」といいます。尿道の構造上、雄ねこは尿道閉塞を起こしやすく、寒くなってトイレを我慢してしまいがちになる冬に発症しやすいといわれています。

なぜ命に関わるの?

尿はからだの中で常に作られ続け、尿道を通って体の外に排出されます。尿道が詰まっていると、尿がからだの外に出られず、膀胱に尿がたまります。尿道閉塞が続くと、尿がたまってパンパンになってしまった膀胱がやがて腎臓を圧迫し、深刻なダメージを与え、急性腎障害や尿毒症を引き起こしてしまいます。さらに、パンパンになった膀胱が破裂してしまうこともあります。

尿道閉塞になる原因

最も多い原因は、膀胱に石(膀胱結石)ができる尿石症(尿路結石)や、膀胱内の不純物(結晶や炎症産物)が尿道に詰まってしまうことです。他にも、腫瘍など尿道の外からの圧迫による閉塞や、外傷・神経障害による筋肉の緊張からくる排尿障害でも尿道閉塞を起こすことがあります。いずれの原因も自然に治ることはほとんどないので、次に説明する「尿道閉塞のサイン」が見られた場合は、すぐに動物病院へ行きましょう。


トイレの周りをウロウロ・・・ねこちゃんから何かのメッセージかも?

尿道閉塞のサイン

以下の症状が見られたら、尿道閉塞のサインの可能性があります。

・おしっこのポーズをしているのにおしっこが出ない
・トイレ周りまたは排尿中に鳴く
・トイレに入ったり出たり落ち着かない
・血尿がでる
・陰部(股の間)をしきりに舐める

特に、「おしっこのポーズをしているのにおしっこが出ていない」症状と、その他のサインが1つ以上当てはまる場合は要注意。ねこは24時間程度ならばおしっこを出さなくても問題ないとされていますが、それ以上出ない状態が続くと膀胱がパンパンになってきます。おしっこが出ない状態が続く、もしくは頑張っておしっこを出そうとしているのにおしっこが出ないようすが確認されたら、すぐに動物病院にいきましょう。トイレでおしっこのポーズをとっているか、その際におしっこが出ていないかは、トレッタの動画と尿量計測の機能も活用してみてください。

尿道結石は痛みを伴います。人間の場合は痛みを伴いつつも、自然排尿と共に出すことができますが、ねこちゃんは尿道が途中で狭くなる構造のため、完全閉塞してしまいます。痛みや違和感から、トイレに入って鳴いたり、陰部を気にして舐めるようになります。

尿道閉塞の検査と治療方法

・触診
・尿検査
・レントゲン検査
・超音波検査

尿道閉塞の検査方法として、レントゲンや超音波検査があります。

尿路の状況と詰まっているものの確認を行い、尿道閉塞が発覚した場合、緊急処置としてカテーテルによって尿道の詰まりを取り除きます。これは痛みを伴うため、鎮静麻酔下で行います。尿道の詰まりが解消された後は、傷んでしまった腎臓の機能が回復するまで入院治療を行います。

退院した後は、再び尿道が詰まって排尿ができなくならないよう、食事療法などを行います。

尿道閉塞の予防

尿道閉塞はねこにとっては珍しい病気ではありません。気が付くのが遅れると、命に関わる危険な状態になってしまう可能性が高い病気ですが、日頃の生活で予防することもできます。日頃から水を飲んでもらうように心がけたり、おしっこの状態を把握し、小さな変化に気付けるようにすることで、尿道が詰まってしまう前に病気を早期発見できることもあります。トレッタも活用しながら、毎日のおしっこの状態を観察することを心がけましょう。


ねこがおしっこしていない状態を放置しておくと、命に関わる事態に。日頃のトイレチェックのときに念頭に置き、ねこちゃんの健康ライフに維持しましょう。

Toletta(本体無料)はこちら
logo_toletta